【ことわざに学ぶ】急がば回れ

食事

人生教訓として、ことわざから学ぶことも多いのではないでしょうか?このシリーズでは、毎回ひとつのことわざをお題に上げて、その意味をこのブログのテーマである印象UPや自己実現に絡めてご紹介していきます。

今回のお題は「急がば回れ」

急がば回れとは、急いで物事をなしとげようとするときは、危険を含む近道を行くよりも、安全確実な遠回りを行くほうがかえって得策だということ。

このお題によくあてはまりがちなのはダイエットかもしれませんね。

ということで、今回は「ダイエット・体型維持」に絡めて考えていきます。

ことわざ“急がば回れ”の教えを「ダイエット・体型維持」に絡めて考えてみました

ダイエットの結果が早く欲しくて無理な食事制限をしたり、怪しいサプリメントに手を出したり、特定の食品だけをひたすら食べるというような偏った方法を試したり…。

そんな人にひとつ聞きたい。

「その方法、一生続けられますか?」

その方法を試すことで最短でダイエットの結果が得られたとしても、続けられないと最終的にリバウドします。

残念なことに、リバウドをすることで、痩せづらい体になると言われています。

それに、仮に根性で続けられるとしても、一生食事制限をして生きていく人生ってつらくないですか?

私は食いしん坊なので、食欲を犠牲にして過ごす人生は考えられません…。

結局これにつきる!食事はバランス良く腹八分、適度な運動習慣

私たちの体が短期間で劇的に変化するっていうのは、自然なことではありません。私たちは動物です。動物=自然の一部ですよね。私たち人間の祖先を辿るともともと海から生まれていて、体が自然に溶け込むようにできています。というか、哲学的に考えると私たちは自然そのものなのかもしれません。

いくら着飾ったり現代のIT社会に生きていようと、裸一貫になればただの動物(霊長目ヒト科ヒト属)です。体にとって不自然なことを行うと、どこかで歪みが出るんだということをご自身の体のために理解しておきましょう。

ではどうすれば良いのか、結論を言ってしまえば、普段の習慣を変えるしかありません。

要するに「食事はバランス良く腹八分」と「適度な運動」の両方を習慣にすることが、遠回りだけど一番自然で確実な方法だということです。遠回りに思えますが、不自然なことをして体に負担をかけたり、続けられずにリバウドを起こして痩せづらい体になることを考えれば、普段の習慣を地道に改善していったほうがよっぽど近道だと思います。これぞ、急がば回れです。

体を作るための基本は、大きく二つ。体に入れるものと出す(消費する)ものです。入れるものというのは、食事のことです。出す(消費)ものというのは、ここでは主にエネルギー消費のことを指しています。繰り返しになりますが、食事習慣の見直しとエネルギーを消費するための運動習慣の見直しが基本です。

あえて加えていうならば、この二つをうまく習慣化するために必須なのが健康的なメンタルです。

メンタルについては、また別の機会に詳しく解説していきたいと思います。

※ご参考用として、私が【健康・美容・外見】のために実践している習慣に関する記事あります。

ご興味のある方はこちらからご覧ください。

↓2つのランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。


ビジネスマナーランキング

にほんブログ村 経営ブログ ビジネスマナーへ
にほんブログ村

気に入ったらシェアしていただけると嬉しいです♩