【感想】モンスター (著者:百田尚樹氏)美醜に翻弄される人間の姿を描いた作品

モンスター表紙

モンスター (著者:百田尚樹氏)は、美醜に翻弄される人間の姿を清々しいくらいはっきりと描いた作品

私は小説、モンスター(著者:百田尚樹)が大好きでして、今日はその感想を綴ろうと思います。この作品の主人公(女性)は、整形手術によって醜い外見から美しい外見へと変身を遂げるわけですが、変身する過程とそれを取り巻く人間関係の描写がとても細やかで鋭くて、心に突き刺さるようなものがあります。物語としてもたいへん楽しめますし、美しくなることに興味がある方ならばこの物語から学べることもたくさんあるかと思います。

※この記事にはネタバレが含まれますので、小説をまだ読んでいなくて内容を知りたくない方はこの先に進まないほうがよろしいかと思います。ぜひ小説を読み終わったあとに遊びにきてください。

※この記事はあくまでも私個人の感想です。あらかじめご理解の上お楽しみください。

ハードカバーはこちら

単行本はこちら

主人公の容姿の変化とともに人からの扱われ方が激変していく

「どうせ人は外見でしょ!?」と思っている人にぜひ読んでいただきたい。

なぜならば、この物語が「ええ、そうですよ。それが何か?」と清々しいほどに思いっきりイエスだと答えてくれるから。

主人公の女性は整形手術によって物凄く醜い容姿→変身途中の容姿→物凄く美しい容姿へと変化していきます。この過程で関わりを持つ人たちがたくさんいるのですが、容姿によって扱われ方が激変していきます。それはもう、残酷なほどに。

でも、実はこの物語の中に唯一ひとりだけ、主人公の醜い頃の姿を知りつつも最後まで変わらぬ態度で接し主人公の人格そのものを受け止めてくれる人がいました。そこには、なんだか救われるような気持ちになりました。

大半の人は容姿で判断してくるけれど、そうじゃない関係だって存在するよね、と、私はそんな風に受け止めました。

モンスターのあらすじ

整形前の姿を主人公は自分でこのように表現していました。

私はブスだった。いや、ブスという言葉は軽すぎる—そう、私の顔は奇形的とも言える醜さだった。

小さな頃から醜い容姿が原因で虐められて過ごします。ある事件がきっかけで、親から勘当される形で故郷を離れ東京で暮らすようになりましたが、そこで待ち受けていたのもまた、醜い容姿によって差別に遭う生活でした。ある時から美容整形にはまり、その資金を稼ぐために性風俗の仕事をするようになります。

やがて、幾度にもわたる整形手術の末に類い稀な美しさを手に入れた主人公。周囲からの扱いも変わってきます。

男たちは例外なく私を意識した。皆に向かって冗談やギャグを言う時も、私の反応をうかがっていた。私が笑うとその顔には「してやったり」という表情が浮かんだし、私が笑わないと、焦りの色が浮かんだ。私が席を立つと、話の途中にもかかわらず途端にトーンを落とす男もいた。

この部分から学べることは、人は外見の印象によって態度を変える生き物だということではないでしょうか。もちろんフィクションですが、これに近いようなことが現実でも起こっていることを体験したり見聞きしたことがある方も多いのではないかと思います。

美しさを追求する姿勢

自分の容姿に対して諦めていた主人公でしたが、整形手術との出会いで人生が一変します。幾度にもわたり繰り返される整形手術の後遺症で身体が蝕まれていきますが、それでも美を追求し続ける主人公の姿は客観的に考えると狂気的だと思います。

整形手術にしても、人に与える印象を研究し、ものすごく計算して施しています。

私の目と眉の間は狭い。もちろんそういう風に手術した。なぜならこういう形の目は賢く見えるからだ。

 

私は敢えて、完璧な均衡にした顔をずらす手術を何度か繰り返した。ずらすといっても、ほとんど気づかないほどのわずかなずれだ。

せっかく完璧に揃えた右目と左目の大きさを変え、目尻の角度も差をつけた。さらに眉の角度も変えた。いずれも注意して見てもわからないくらいのわずかなものだ。口角の上げ具合もわずかに差をつけた。これによって私の目は一種の悲しみを含みながら、口元は微笑みを浮かべている不思議な顔になった。

この効果は驚くほど大きかった。まずソープでの指名の数が上がった。それに街を歩いている時に声を掛けられる回数も増えた。私はあらためて「ゆらぎ」の威力を見た。

整形手術で完璧といえる美貌を手に入れてもなお、メイクの研究を熱心に行います。

ソープの仕事は夕方からだったから、私は空いている時間を利用してメイク講座に通うようになった。メイクアップによってさらに美しさに磨きをかけたかったからだ。私の顔は上手なメイクをすれば一層美しさが増した。

美しくなるためのすべての努力が楽しかった。努力が見事に報われるのだから、努力する意欲も湧く。

また、表情についても研究を重ねている様子が描かれています。

私は自分の顔でビデオを何本も撮った。部屋にビデオをセットして、自分の顔を様々な角度から写して、どう見えるかを研究した。女優のように表情をいくつも作って研究した。怒った顔、悲しい顔、笑った顔、迷った顔、驚いた顔、うっとりした顔、悪戯っぽい顔、何かに心を奪われたような顔—私はどんな顔も自在にできるようになっていた。一番練習したのは笑顔だ。笑顔だけは十種類以上持っている。同じ笑顔でも角度によって見えかたが全然違う。見せる方はそのことも知っていないといけない。たいていの女は鏡で見える角度しか知らない。だから綺麗な女でも、時にびっくりするくらい油断する時がある。

いかがでしょうか。これ、すごくないですか?

私にはまるで、自らの命を削りながらも究極の作品を作り上げる芸術家のようだと感じられました。

ある人にとっては狂気的で恐ろしく感じられるかもしれませんが、印象についての勉強している私としては、この主人公の美しさへの常軌を逸するほどの執念、またそこから生まれる身を削るような努力に対して、尊敬の気持ちすら抱きました。

ここには紹介しきれませんが、この物語には美しさのあり方について問うような内容がたくさん詰まっていました。ご興味のある方はぜひ読んでみてください。

↓2つのランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。


ビジネスマナーランキング

にほんブログ村 経営ブログ ビジネスマナーへ
にほんブログ村

気に入ったらシェアしていただけると嬉しいです♩