【第一印象UP】私が人から好かれる方法を身につけるまでのおはなし その4

水面

A子との出来事は私にとってものすごく大きな衝撃でした。今まで私が見えていなかったことにA子がたくさん気づかせてくれたのです。

身にまとう空気の威力を体験した

私にはA子が身にまとっている空気がどんよりと黒っぽい色をしているように感じていました。そのことによって「実際は好かれているのに嫌われていると思い込む」というありえないような大きな誤解をしてしまうわけですが、しかし、そういう空気を感じていたということは紛れもない事実です。

こんなありえないような勘違いって起こるんだ…。A子の本心と私が感じたA子の印象は180度反対の方向に捻じ曲がっていたわけですから、そのあまりのギャップに驚いてしまいました。

ここで「本当の自分はとても素晴らしい志をもっていても、身にまとう空気がそうではなかったら全く逆の印象を持たれることがある」ということがよくわかりました。

そして、A子が本心を打ち明けてくれなかったら誤解し続けたままだったということも私を驚かせました。もし自分が逆の立場だったらとても悲しいことです。もしかしたら、これまでも同じようなことが起こっていたのかもしれないし、自分自身だって誤解されながら過ごしたこともあったのかもしれません。「人の心の中は見えない。外から見えるのは自分の表面だけなんだ。表面が良くないことには中身を見てもらえる可能性がものすごく減るんだ。」ということを学びました。

最後に声をかけに来てくれたA子に心から感謝しました。A子のことを変えてあげるなんてそんな大それたことは私にはとてもできないけれど、A子が気づかせてくれたことを自分の中で良いかたちに変えていきたいと思いました。

人の空気に影響を受ける弱い自分に気がついた

「他人は自分を映す鏡」という言葉があります。相手が笑顔でいると自分も笑顔になったり、相手が嫌なことをしてくると自分も仕返しがしたくなったり、逆もしかりです。

これは自然なことだと思いますが、今回の出来事を通して「私は相手の黒っぽい空気につられて悪い方向に影響を受けていた」という事実に気がつきました。弱い自分を知ったことで、これからはいつでも自分の方から相手の心に良い影響を与えるようなブレない強さがほしいと思いました。

具体的には、教室に入る前や誰かに会う前に、自分の中にワクワクの気持ちを最大限貯めて、大げさなくらいのニコニコ笑顔で挨拶する、ということです。

あとは、相手のことを好き好き好き〜と思い込む。会えるのが嬉しい!!と思い込む。心の中でつぶやきます。

花火のときに使うロウソクのように、みんなの花火に火を灯してあげるとしたら、誰よりも強い火力を持ってないと!こんなことをイメージして、今ではその「ちょっと力強いくらいのご機嫌感」を自分の中のニュートラルな状態(デフォルト)として設定しておくことを心がけています。

そもそもどうしてA子はあんな空気をまとっていたのか

結論から言うと、A子は誰に対してもそんな空気を発していたようです。これは後日談なのですが、他の教員と話しているときに、たまたまA子の普段の様子を聞くことができました。担任の先生含め、「とても感情の起伏が大きい学生」と捉えられていました。私だけにあんな空気を発している、私だけが嫌われているとばかり思い込んでいたのですが、そうではなく、どの教員にも同じ印象を持たれていました。今思えば、ひどい授業態度だと感じた日はA子にとってたまたま不機嫌な日だったのではないかと思います。

初対面でちょっととっつきにくいな、と感じてしまうような人って、ほとんどの場合、他の場面でも同じような印象をもたれています。きっと、その人の中のコンプレックス、自身のなさ、怒り、悲しみ、虚しさ、不安、焦りなどの負の感情が空気になっているんだと思います。

影響を受けないための解決策としては「この人はもともとこういう空気をまとっている人で、悪気はない」と思うことです。

一見突き放しているように見えるかもしれませんが、私たちが変えることができるのは、自分のことだけですよね。厳しいかもしれませんが、何かのきっかけで自分で気が付き、変わろうと決心しないと絶対に変われません。

それに、実際に悪気があるのかないのかの本当のところって本人にしかわかりませんよね。だったら、悪気なくやっていることなんだなって思っておいたほうが気分が良いですよね。真実の追求よりも自分自身のご機嫌を優先してあげましょう。

いくら相手に変わってほしくてこちらから色々なアクションを起こしたところで、それは余計なお世話だと思われることのほうが多いです。相手に変わろうという意思がなければ本当の意味で変わることはできません。なので、今日、今からできることは自分を変えることだけです。

もしもこのブログが誰かを変えるきっかけになったとしても、それは私が誰かを変えているということではないと思っています。その人が「このブログにアクセスして、そこで得た知識を実践する」という行動を起こしたからこその結果です。

私にできるは、あくまでも自分の知識や経験をこの場所に置いておくことだけです。読んでいただいてひとつでも良い考えだなと思ったことがあれば、ぜひ実行してほしいと願っています。

《余談》

さて、A子は今どうしているのでしょうか?

正直言って、あまり良い第一印象を持っているとは思えませんでした。でも、彼女は細かなことによく気が付ける人で、キラッと光るセンスの持ち主でした。謝恩会の日に送ってくれたLINEを読んだら、シャイだけどとっても情が厚くて優しい人だということもわかりました。

社会に出ると厳しいこともたくさんあります。そんな中で大切な気付きが得られ、そこからさらに良い方向に進化してくれていたら嬉しいです。

↓2つのランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。


ビジネスマナーランキング

にほんブログ村 経営ブログ ビジネスマナーへ
にほんブログ村

気に入ったらシェアしていただけると嬉しいです♩