【聴く力は最強のコミュニケーションツール その3】聴き上手の3大メリット

仲良し

聴く力を得るとどんな良いことが待っているのでしょうか?前回の記事で聴き上手になるための心得をお伝えしましたが、読むだけでなく実際に使ってもらわなければ意味がありません。今回のメリットを読んでモチベーションが高めどんどん実践していただけると嬉しいです。

1、人間関係のトラブルが激減する

聴く力の威力を知る前の私は、人間関係を良くするために話すことに意識を向けていました。会話を盛り上げたり自分の考えをうまく相手に伝えることができれば、人間関係が良くなると思っていたのです。でもなかなか思うようにいかない。そんな時に聴く力のすごい効果を知ることになったのでした。

人間関係のトラブルというのは、人の心の中にある不満のタネから発生します。放置していると、勝手にどんどん成長していきます。私がいくら相手に語りかけても完全に消すことはできません。では、どうやったらタネを除去できるのか。そうです、ここで聴く力の登場です。

大きなトラブルに発展する前に、聴く力で周囲の人たちの不満のタネを吐き出させて浄化してあげましょう。そうすることで、あなたの身に降りかかってくるトラブルが目に見えて激減します。特に誰かから攻撃されるリスクが減るのは大きなメリットになります。聴く力を使って平和で穏やかな日常を守りましょう。

2、自分の話を聴いてもらえるようになる

聴く力を手に入れると聴いてもらえるようになるとは、なんとも不思議に思われる人もいるかもしれません。でもよく考えてみてください。自分の意見をまったく聴いてくれないような人の話を聴きたいと思う人はいませんよね?

普通の人は、相手から何かを与えてもらった時にはじめて自分も何かお返しをしたいと考えます。でも、貴重な時間を使ってこのブログを読んでくださっている向上心の高いあなたは「自分から与えられる人」になれる才能があると思います。自分がこうされたら嬉しいな、と思うことは自分から率先して行う!これが見返りなく自然にできるようになったら、ものすごいことになると思います。

聴く行為も一緒です。まずは自分から相手の話よく聴いてあげると相手の心は自然と穏やかになって、あなたの話や意見を聴いてくれるようになります。

3、人から好かれ大切に扱ってもらえる

人の話を良く聴くということは、その人のことを大切にしていることと同じです。なぜならば、人はどうでもいい人に対してはまったく興味を示さないからです。話を聴く=その人に興味がある=自分にとって特別な存在である、ということを証明しています。

自分のことを大切にしてくれる人のことを嫌ったり、ひどい扱いをする人はいませんよね?他人のことを大切にできる人は、ごく自然に他人からも大切に扱ってもらえます。

人の話を良く聴くということは、時に苦行のように感じることもあるかもしれません。相手を思いやる気持ちがなければできないことです。心を砕いて相手を大切にしたら、巡り巡って自分のところにも思いやりが返ってくるものです。

まとめ

話すことは意識できても、聴くことを意識できている人は意外と少ないのではないかと思い、全3回にわたって聴く力の大切さと上達するためのポイント、メリットについて書いてみました。

ぜひ今日から大切な人の話をたくさん聴いて喜ばせてあげてください。きっとあなたのところにも良いことが返ってくると思います。

↓2つのランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。


ビジネスマナーランキング

にほんブログ村 経営ブログ ビジネスマナーへ
にほんブログ村

気に入ったらシェアしていただけると嬉しいです♩