【色黒・地黒で悩む女の子へ】色黒コンプレックスを乗り越える!色黒・地黒のメリットは?

紫外線対策

「色の白いは七難隠す」ということわざもあるように、日本には色白を好む価値観が根強くあります。

美容の世界でも「くすませない・黄ばませない」という言葉がお決まりのキャッチフレーズで、美白に特化した化粧品が数多く販売されています。

かく言う私は根っからの色黒・地黒で、子どものころはいつも真っ黒に日焼けしていました。

日焼けしても肌が炎症して赤くなるようなことはなく、その日のうちに即座に真っ黒に日焼けしてしまうような生粋の色黒肌です。

しかし、今も昔も変わらず、儚げでピュアな印象をもつ色白肌に強い憧れを抱いています。

実は最近、私と同じように色黒・地黒に悩んだり、コンプレックスを抱いている女の子との出会いがありました。そこで色々と調べてみたり、自分自身のことを振り返っているうちに、自分の中で色黒肌を愛せる気持ちが芽生えてきました。

今回は、私が考える「色黒・地黒のメリット」をここに綴ります。

同じように悩んでいる女の子がいたら、ぜひ最後まで読んでみてください。

読んでいただくことで、色黒・地黒ならではの嬉しい面がたくさん見つかり、自信につながると思います。

なんで色黒なんだろう?色白にはなれないの?

「なんで色黒なんだろう?色白にはなれないの?」、これは私が抱いた素朴な疑問です。

調べてみたところ、人の肌というのは皮膚の中に含まれる主な色素成分であるメラニン(褐色)とヘモグロビン(赤み)の量によって変化するということがわかりました。

肌の白さ黒さに影響を与えるのはメラニンの量で、メラニンが多いほど色黒になります。

メラニンは、紫外線の害から身体の内部を守るフィルターのような役割をもっています。熱帯地方の人々が褐色の肌をしているのも、長年の適応で自分の身を守るためにメラニン色素が多くなったためといわれています。

つまり、生まれつきメラニンをたくさん持っている色黒肌は、紫外線に対する抵抗力が強いということを示しています。

皮膚の中に含まれるメラニンやヘモグロビンの量は、生まれつきの体質によるものなので、基本的に変わることはありません。

自然な方法で色白肌を目指すときには、お尻の肌色が目標になります。なぜならお尻の肌というのは、通常一番紫外線を浴びていないと考えられる部位だからです。

お尻の肌色以上に色白にしたい場合には、自然な方法では難しいので、薬品や美容医療などの「科学の力」を借りるしかありません。しかしこの方法は、時に身体に思わぬ刺激や負担を与えたり、体質が合わない場合もあるので注意が必要です。

おすすめはやはり、白くなる努力よりも、黒くならない努力(=紫外線対策)に徹することです。

色黒肌のメリット

色黒肌のメリットとして、一般的によく耳にするのはこんな感じでしょうか。

  • 紫外線を浴びても炎症しづらい
  • 肌が強いので肌トラブルが少ない
  • 紫外線による肌老化の影響を受けづらい
  • 健康的な印象
  • 元気で明るい印象
  • アクティブで積極的な印象
  • エキゾチックな美しさ

いかがでしょう?

これだけでも十分魅力的なメリットだと感じられましたか?

でももし、それでもやっぱり色白肌に憧れるよ!!という方がいたら、

私と一緒です。

上記のメリットは十分嬉しいですし、励みになります。

でも、それでも、やっぱり色白肌への憧れは止まりません。

そのため私は、10代の頃から今に至るまでずっと紫外線対策にはものすごく力を入れてきました。

そのおかげで、自分の肌がもつ力の中では、紫外線による肌老化が最小限に抑えられています。

↑実は私、ここに最大のメリットがあるのではないかと考えています。

何が言いたいかというと、「自分の色黒肌にコンプレックスを抱いている人は、人よりも日焼けに対してすごく敏感で紫外線対策を必死で頑張るから、その結果として紫外線による肌老化が最小限に抑えられる」ということです。

紫外線対策を頑張ったからと言ってお尻の肌色以上に白くなることはありませんが、シワ、たるみ、シミなどの肌老化には大きく貢献します。

もしも私が生まれつき色白肌だったら、紫外線に対してもっと無防備に肌を晒していたことは間違いありません。色黒肌にコンプレックスを抱いていたからこそ、早くから紫外線対策に励んでいたのです。

これが、私が色黒でよかったと心の底から思えるもっとも大きなメリットです。

【紫外線の害について】骨のために紫外線を浴びたほうが良いって本当?

「日の光を浴びないと、骨が弱くなる」ってどこかで聞いたことがありませんか?

確かに、骨をつくるときに必要なビタミンDは紫外線によって活性化されるというのは事実です。

しかし、日本ではどんなに日焼け止めを塗っても紫外線を完全に防ぐことは不可能です。外に出る限りは、必ず身体のどこかに紫外線を浴びます。

そのわずかな紫外線でもビタミンDの活性化に効果があります。

紫外線のメリットはこのビタミンDの活性化のみと言われており、あとは皮膚の老化、光発ガン、目の白内障など、身体にとって良い作用はありません。

つまり、紫外線はほぼ百害あって一利なしです。

美容目的に関わらず、子どもからお年寄りまで、できるだけ紫外線対策を行うようにするのが賢明です。

紫外線対策について

色黒肌がコンプレックスだという人は“自分史上一番の美白”を目指して紫外線対策に励みましょう。繰り返しになりますが、基本の考え方は“白くする”ではなく“黒くならない”、これに尽きます。

  • 毎朝日焼け止めを塗る、こまめに塗り直す
  • 日傘や帽子を活用する
  • 長袖やストールなどを活用する
  • なるべく紫外線の当たらない場所で過ごすことを心がける
  • UVカット効果のあるサングラスを付ける(光老化対策には透明かできるだけ色の薄いレンズのほうが有効です)

あと、意外な盲点となるのがうっかり日焼け。

日光というと「暑い」「眩しい」というイメージがありますが、暑く感じるのは赤外線によるもので、眩しく感じるのは可視光線によるものです。

実は、紫外線は暑くも眩しくもありません。浴びている実感がないのが紫外線の怖いところです。(これ、結構びっくりしませんか?)

以下のようなシーンでも紫外線は降り注いでいますのでご注意を!

  • 曇りの日/紫外線は雲を通過して肌にダメージを与えます。
  • 涼しい日/春先頃の涼しい時期から紫外線量が増えてきます。また、山の上は涼しいですが、標高が高いため紫外線量は多くなります。
  • 部屋の中にいる日/紫外線A波は、ガラスを通過します。室内や車や電車の中でも外にいるのと同じように紫外線対策をするのが賢明です。
  • 日陰で過ごす日/日陰にいても四方八方に向かう散乱光の中に紫外線が含まれているので対策が必要です。
  • 長袖を着ている日/紫外線は布の網目を通過します。紫外線をしっかりカットするなら、UVカット効果のある素材や目が詰まっている厚手の洋服を選びます。

まとめ

いかがでしたか?

色黒肌だからこそ得られるメリットを感じていただけたでしょうか?

生まれ持った体質を変えるのは難しいことかもしれませんが、自分の考え方や行動を変えることは可能です。

ぜひ自分の持っているものの優れている点に目を向けて、最大限輝けるように生かしていきましょう。

↓参考にした本はこちら

↓2つのランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。


ビジネスマナーランキング

にほんブログ村 経営ブログ ビジネスマナーへ
にほんブログ村

気に入ったらシェアしていただけると嬉しいです♩